第2回サロンイベントレポート!

KSPArticle, Events

来る7月8日、01を生み出すチャレンジをサポートする『KOCHI STARTUP PARK』の第2回目となるサロンを行いました!
今回のテーマは「0からの起業」
“起業”と聞くと一部の人だけが行うことのできる、リスクが高く、困難で、なにかとてつもない恐ろしいものと捉えられがちです。
またスキルや資金、人脈がないとはじめられないものじゃないの!?という声もよく聞きます。果たして本当にそうなのでしょうか?
今回はあらゆるリソースを持たないところから事業を開始した、20代前半の若手起業家・事業家をお呼びして、”起業のホンネ”を聞いていきました。


まずお一人目はサッカートレーニングメニューのレシピをつくる“シェアトレ”を手がけている木村さん。全国の”お父さんコーチ”を助けるこのサービスを開発している木村さんは、筑波大学に通いながら起業している学生起業家です。
スポーツ少年だった木村さんから、新しい事業を開発するに至る経緯や困難についてお話をお伺いしました。
起業は山登りに例えられます。しかもハイキングのような平坦な山登りではなく、道もなく、いま何号目かもわからない中を、ひたすら進んでいく険しい山登りです。
数多くの”辞める理由”が思い浮かぶ中でも、事業開発を進めていけるのは、個人の強い動機があるから。
ひたむきに自身のサービスを進めていく木村さんのお話に、みなさん真剣に聞き入っていました。


次にご登壇いただいたのは、神楽坂でco-nectというフィットネスクラブを手がける中山さん。
このco-nect、ただのフィットネスクラブではなく、コワーキングとフィットネスを両立できるという少し変わったフィットネスクラブだそうです。
自由な働き方をしている人が増えてきたことから、コワーキングスペースの需要も増えつつありますが、おしゃれなコワーキングスペースで働いていてもハードでストレスフルな仕事をしていれば、やはり身体を壊してしまいます。
co-nectを手がける中山さんは、コワーキングスペースで働きながらも、苦労している友人を目にしたことをきっかけに、「働く場所ではなく、働き方を変えよう」と思い立ち、働きながらも運動ができるスペースを立ち上げました。事業立ち上げの具体的な経緯と原体験を語っていただきました。


最後に登壇いただいたのは、プライベートギャラリーを手がけるはたらける美術館 館長の東里さん。
東里さんが語る「就活をして漫然と社会に出る方がリスクだと感じた」「01のチャレンジャーは全員がリーダーである必要はなく、地道な仕事を淡々と進められる人の方が実は求められている」「強いビジョンや志がないとチャレンジしてはいけないわけではなく、活動を進めるうちに原体験が生まれてくる場合もある」といったお話は共感性が高く、多くの方が頷きながら聞き入っていました。


ちなみに今日のサロンには、小さな参加者さんも参加いただいています!
KOCHI STARTUP PARKは子連れも大歓迎です。
だって”公園”ですから。


若手事業家によるプレゼンテーションが終わったあとはマイプロにより、個人の想いを起点にプロジェクトをつくっていきます。
ファシリテーションを務めるのは、コーディネーターの瀬戸さんです!
01のチャレンジは大変なこともたくさんあります。そんな時に「わたしはなぜそれをやっているのか?」常に振り返ることになります。
またビジネスが大きくなっていくこと以上に、自分が自分らしいまま、挑戦を進めていける方が大切であるとも私たちは考えています。
「私はどのような背景・価値観・考えを持っており、それらを表した”プロジェクト”をつくるとしたら、どのようなことが考えうるか」、静かにゆっくりと、それでいて真剣に考えていきました。


まずは個人で、過去を振り返りながらゆっくりと言葉を紡いでいきます。

個人でマイプロシートを書き出した後は、3名1組になってシェア&フィードバックを行います。
他者に話してみると自分がぼんやりと考えていることの輪郭がハッキリとし、また他者からのフィードバックやコメントは、自分が考えたことのない新たな気づきや視点を与えることにつながります。
様々な背景や職業感を持った方々が集まるこのKOCHI STARTUP PARKでは、いままで自分では考えたこともなかったこと・気づいていなかったことを気づくための多種多様な意見が交わされ、毎回熱を帯びた対話が行われていきます。


マイプロのシェアが終了した後、最後に会員さんからの01チャレンジのプレゼンが行われました!
KOCHI STARTUP PARKに集まる皆さんは、これから新たな挑戦を仕掛けていく方々ばかりです。01のチャレンジを仕掛けていく会員さんに”5分”のお時間をお渡しし、全体の前でプレゼンテーションをしていただきます。プレゼンを聞いた会員さんは、発表を受けて「ここが良かった!」「ここはもっと改善できる!」「〇〇を紹介できる!」といったコメント・フィードバックを返していきます。
事業の応援者を求めている会員さんにとって、絶好の場となる時間です。

終始エネルギーを保ちながら、第2回サロンも行われていきました。

次回のサロンは7月22日(土)です!
また7月15日(土)にはアイデアメーカーの著者 山口 高弘さんをお呼びし、特別サロンも行います!ぜひお越しください!