想いや志を、事業へ成長させるために

KSPArticle, Knowledge

KOCHI STARTUP PARKでは、その名の通り「STRATUP(スタートアップ)」つまり主に、志や想いをもとに事業やビジネスをつくっていく方々の支援をしています。

では実際、スタートアップとは、どのように成長し、そのチャレンジの過程では、どんな課題が起こりうるのでしょうか?

今回は、スタートアップを大きく三つのステージに分類してみます。

 

1. アイデア期(志やアイデアに気づき、プロジェクトをつくる段階)

2. ビジネス期(価値と課題を明確にし、実際に試作品を検証する段階)

3. ビジネス検証期(市場に受け入れられる製品・サービスに改良していく段階)

 

自分たちのプロジェクトが、現在どこに位置しているのかを把握することで、次なる成長のために何をすれば良いかが明確になり、更にそれをメンバー間で共有できれば、打ち合わせ等の質の向上にもつながります。また、自分たちの価値や課題を明確にすることで、外部の人へプレゼンをする際にも、すっきりと整理された印象を与えることができます。

今回は、志をもとに事業を創造していく段階であるアイデア期に焦点を当てていきます。

 

アイデア期で起こることとは?

アイデア期とは、起業準備の段階、ビジネスアイデアの種がある状態を指します。

 

例えば…

「想いや問題意識はあるけど、具体的な製品やサービスに 落とし込めていない」

「事業計画書は作ってあるが、まだ会社にしていない、試作品(プロトタイプ)や 見本のレベルまでに到達していない」

このような状況がアイデア期にあたります。

 

アイデア期の中身を細かく見ていくと、更に次の三つの段階に分けられます。

 

1. 課題に気づく

2. アイデアを生み出す

3. アイデアをビジネスにする

 

このように、アイデア期では、「どんな課題意識を持っているか?」「アイデアに独自性や新規性があるか?」「このアイデアで起業してできるのか?」を試行錯誤しながら、プランの作成まで進めていく必要があります。

ここからは、各段階で具体的にどんなことを意識すべきか、またそこで起こりうる課題やその対応策などを見ていきます。現在、自分のプロジェクトがアイデア期にあるという人は、その中でもどの段階に位置しているのか、また現在抱える課題を解決して先へ進むには具体的に何をしたら良いのか、考えながら読み進めてみてください。

 

1.課題に気づく

自分のプロジェクトを進めていく際の課題とは「顧客が抱えている問題」を指します。まず、どんな分野のどんな問題を解決したいと思うのかを考えていきましょう。

「こんなものがあればいいのに」という思いつきも重要ですが、人や社会に自身の思いを伝えるときに求められてくるのは「なぜそれが必要であるのか」ということです。どんな課題を解決するのかが明確になっていなければ支持を得ることはできません。実際に社会に必要とされ、成功を収めているている事業の多くはこの「課題の設定」を重要視しています。

しかし課題を頭でイメージしていてもなかなかまとまりません。こんな時に使える具体的な方法をご紹介します。

 

■マインドマップ

:認識した問題点を中心に、「問題・課題」「原因」「影響」「満たすべき基準」の四点で情報を整理することで、を解決すべき「抱える問題の本質」を明らかにすることができる。

 

■KJ法

:問題やアイデア等をポストイットやカードに記載し、グループ分けしながらストーリーを考え、文章にまとめる。

具体的には、次の四つの手順で進めていいきます。

①ラベル作り:問題やアイデア等整理したい事項をラベルに記載

②グループ編成:似たようなラベルを集めて整理する

③図解化:ストーリーを考えながらラベル群を配置し、図にまとめる

④叙述化:図解化した内容を文章にまとめる

 

また、「斬新なアイデアが突然パッとひらめく」といったことももちろんありますが、多くの場合、新いアイデア生み出すためには、他人のアイデアをある程度知る必要があったり、その業界周辺の“起業の土地勘” といったものが必要になってきます。まずは軽くネット上で調べ、興味のある分野や業界についての知識を仕入れてみましょう。

その際に、ぜひ以下のリンクなどを参考にしてみてください。

■中小企業庁「J-Net21」

日本の起業支援サイト。支援制度や事例 も掲載。

日本の起業支援サイト。支援制度や事例も掲載。

 

■CAMPFIRE

クラウドファウンディングサイト。製品になる前のアイデアを見ることができる。

 

■Best Venture 100

成功した日本の起業事例をまとめて見ることができる。

 

このようなサービスや手法を活用し、自分が解決すべき課題を設定していきましょう。

 

重視するのは課題かアイデアか

2.アイデアを生み出す

ある程度、課題を明確にすることができたら、次はアイデアを考えていきます。そしてアイデアをビジネスにする前に、そのアイデアに成長性や新規性があるか、これからチームで取り組むべき種類のアイデアであるかなどを確かめていきます。「誰かが既に行っているかもしれない 」「このアイデアで起業できるか自信がない」といった不安を抱えている人は、ここで、そのアイデアをさまざまな観点から検証してみましょう。

この段階ではアイデア自体の面白さではなく課題にフォーカスしているかどうかが重要になってきます。課題とアイデアを分けて考え、下記の4象限のどこに自身のアイデアが分類されるかを考えていきましょう。

良い課題/良いアイデアの1stの領域を目指すのは当たり前ですが、多くの場合どちらかが悪い状態になりがちです。その時に優先されるのは課題です。良い課題/悪いアイデアは、今後良いアイデアを生み出す可能性がありますが、その逆は起こりえないからです。1stと2ndの領域を意識してアイデア出しや選定を行いましょう。

 

 3.アイデアをビジネスにする

ついに、アイデアを具体的なビジネスプランへと磨いていきます。その時によく使われるのが「リーン・キャンバス」というフレームワークです。ビジネスモデルを9つの構成要素に分解し、俯瞰的にとらえることで、その全体像を理解することができるようになります。一つ一つの要素を検討していくことで、ビジネスの立ち上げで為すべきことが明らかになり、次の具体的なアクションが認識できます。ビジネスモデルキャンバスの構成要素は普遍的で、あらゆる業態に適用することが可能なので、興味のある分野がWebサービスでもモバイルアプリでも、ビジネスモデルキャンバスで分析することは有効です。

 

ここまでがアイデア期で、この後、いよいよ本格的にビジネスをつくっていくことになります。

来週公開の記事では、ビジネス期での動き方をお伝えする予定です。お楽しみに。

KOCHI STARTUP PARKでは、志や想いから実際にサービスや製品の試作品をお客さんに試してもらう段階まで、寄り添い、サポートしていきます。プログラムやオフィスアワーも毎週開催しているので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。