特別サロンイベントレポート!

KSPArticle, Events

去る715日、01を生み出すチャレンジをサポートする『KOCHI STARTUP PARK』の特別サロンを行いました!

当初は予定されていなかったイベントですが、急遽ゲストにGOB Incubation Partners共同代表の山口高弘さんをお迎えして、『アイデアメーカー』の著者ならではのアイデアの生み出し方についてワークショップを行いました。

15名限定のイベントでしたが、3連休の初日にもかかわらず満席のご予約をいただいて、熱のこもったサロンが展開されました!

 

 

さて、この日のゲストトークは「志からのアイデア創造」というテーマで、複数の事業立ち上げ経験を持つ山口さんのビジネスとの出会いを話すところから始まりました。

幼き頃にプロのスポーツ選手をされていた原体験から子育てのあり方に問題意識を持ち、19際で不動産事業を立ち上げたという驚きの経歴に、会場の皆さんも聞き入っており、質疑も多くあがりました。

山口さんは、19歳で起業してから3年後に初めての事業売却をしたのち、二度目の事業立ち上げとバイアウトにも成功。

その過程は平易なものではなく、個人の志に基づいたワイルドアイデアであるがゆえに周囲の理解や共感を得られず、起業には逆風がつきものであると悟ったと言います。

しかし、そんな逆風だらけの状況だからこそ、志から始まるワイルドアイデアは世界を変えること力を秘めているのであり、それをゴールまで導く伴走者が不可欠であるとのこと。

さらには、業界・市場を通じて顧客の行動を変えることによって、世界に変化をもたらすことができるという洞察にも説得力がありました。

 

 

高知スタートアップパークは皆さまの志を実現するため、皆さまと一緒にワイルドアイデアを生み出し、それを「売る」かつ「スケールする」ことのできるビジネスにするため、とことん伴走していきます。

 

さて、休憩を挟んだ後はゲストの山口さんの進行のもと、ワークショップを行いました。

自分が幸せにしたいと思う実在の一人を設定し、その人のインサイトを深く掘り下げ、統合思考・転換思考といった発想法を用いていくことで、ワイルドアイデアを構築していきます。

『アイデアメーカー』著者ならではのワークで、すでに起業していている人も、現段階ではまだモヤモヤを抱えているというだけの方も、誰もが自分のステージでアイデアをブラッシュアップしていくことができます。

 

参加者の皆さまは、ふだんと違う脳の使い方の連続に戸惑いながらも必死についていきます。

幾つものヒット商品のエッセンスを学びながら手を動かしていくことで、自分の志に基づいた「アイデアの生み出し方」が文字どおり体得されていきました。

考えに考え抜いてたっぷり2時間半のワークを終えたころには、参加者の皆さまの表情は晴れやかに、そして充実感に満ちたものになっていました。

活発なディスカッションも交えながら、今回も実りあるサロンとなりました!

 

次回のサロンは7/22(土)です。ぜひお越しください!