2018年度 第1回スタートサロンを開催いたしました!

KSP Article, Events, startsalon

1.スタートサロンとは?

起業のヒントを掴み、アイデアの磨き上げやネットワークを行うための”スタート”となるプログラムです
起業家・事業開発経験者をゲストとして招き、事業立ち上げプロセスや背景・新たなビジネスモデルやサービス をお話いただきながら、自身のアイデアを検討します(http://startuppark.org/program/

2.KSP今年度の取り組み

KOCHI STARTUP PARK(KSP)のプロデューサーである滝本と高知県庁産学官民連携・起業推進課の尾崎さんから今年度のKSPの取り組みについて説明させていただきました。

KSPプロデューサーの滝本悠

高知県庁 産学官民連携・起業推進課の尾崎康隆さん

3.コーディネーター挨拶

サブコーディネーターとしてプログラムの運営やメンタリングを協力してくれている3名のサブコーディネーター(瀬戸昌宣さん、吉田匡さん、難波佳希さん)からご挨拶。

サブコーディネーターの瀬戸さん

4.事業プレゼンテーション

昨年度、KSPの各種プログラムに参加された方々からご自身の事業がプログラムやメンタリングを通じてどのように成長していったかを発表いただきました。

0の状態からスタートし、既に取引先をいくつも抱える事業を展開していたり、ビジネスコンテストで優勝したりと、皆さん着々とレベルアップを続けています。

プレゼンを聞いた後は「自分だったらこんな応援ができるよ」という協力を「5minutes commit」としてプレゼンターに渡していきました。

5.ダイアログ#1

参加者のタイプごとにテーブルを3つに分けて、それぞれ異なるテーマに基づいて対話を行いました。

起業家、支援者、入り混じりながら対話する皆さん

6.ダイアログ#2

今度は席を変え、異なるタイプの参加者が混ざり合った状態で、それぞれのテーブルで出た話し合いの結果を持ち寄り、さらに対話を重ねます。

思いついたアイデアはどんどん紙に書き出します

7.高解像度スタートアップガイド解説

最後にまとめとして、KSPの事業推進の考え方の基礎にもなっている「高解像度スタートアップガイド」から事業をつくる上で大切な考え方を簡単にお伝えしました。

皆さん真剣に耳を傾けていました

8.懇親会

ビジネスに関する対話を終えたあとは、軽食を囲みながらお集まりいただいた皆さまと懇親会を開きました。

起業家のプレゼンを聞いてから伝えきれていなかったコメントを伝えにいったり、ダイアログで盛り上がった内容をさらに深掘ったりと、あちこちで笑顔があふれていました。

 

 

昨年度から始まり、多くの人の協力を得てさらにパワーアップしたKOCHI STARTUP PARKは、これからもチャレンジする皆さまを力強くサポートしてまいります!

今後のイベントにもぜひご注目くださいませ。

今年度もKOCHI STARTUP PARKをどうぞよろしくお願いいたします!