すぐれたアイデアを生み出すには? 2ヶ月のプログラムがスタート:Day1ステップアッププログラム

1.ステップアッププログラムとは?

「なんとなく思いついたアイデアがあるものの、どのようにビジネスにしていけばいいかわからない」「検討しているビジネスプランが弱い気がする」とお考えの方のための事業創造プログラムです。全5回のプログラムに沿ってアイデアを検討し、段階的に具現化・ブラッシュアップすることで、ビジネスとしての実現性・有効性を高めていきます。新しいビジネスチャレンジを行う方であれば、事業の領域や規模、年齢を問わず挑戦いただけます。(http://startuppark.org/sup2018-first/

2.アイスブレイク

アイスブレイクとして「マシュマロチャレンジ」に挑戦しました。マシュマロチャレンジは有名なアイスブレイクの1つ。ルールは簡単で、タコ糸やパスタなど指定された材料のみを使い、最も高い位置にマシュマロを立てられたチームの勝利です。

ポイントは、試行錯誤を繰り返すこと。高い塔を作って最後の最後でマシュマロを置くのではなく、小さい塔を作ってマシュマロを置く、問題なければより高い塔を作る。制作と検証の繰り返しをいかに重ねられるかが肝となります。

事業づくりで大切な “Build to think(=創りながら考え、考えるために創る)” の考え方を体感してもらいました。

3.アイデアを書き出してみる

現時点で考えているアイデアをターゲットや解決したい困りごとなどその概要を言葉やビジュアルで表し、頭の中にあるイメージを整理します。ここから2ヶ月で、このアイデアがどう生まれ変わるのか、楽しみですね。

4.アイデアシェア&フィードバック

グループでお互いのアイデアをシェアし、Like・Wish・Inspire・Commitに分けてフィードバックを贈ります。事業を進めるのはもちろん個人ですが、同じく起業を志す仲間の存在は大きな支えとなります。同じくステップアッププログラムに参加する仲間として事業育成をお互いにサポートできるのもこのプログラムの強みの1つです。

5.優れたビジネスアイデアを生み出すためには

これまでに数々の新規事業の立ち上げに関わり、『アイデアメーカー』の著者でもあるGOB Incubation Partners共同代表の山口高弘さんから「優れたビジネスアイデアを生み出すためには」をテーマにレクチャーがありました。

*KOCHI STARTUP PARKでは、山口高弘さんによる、100人以上の起業家との伴走経験をまとめた事業立ち上げのエッセンスを詰め込んだ「高解像度スタートアップガイド」を公開しています。事業開発に興味のある方はご覧ください。

6.公開メンタリング

今回のステップアッププログラムでは、各回のゲストのほか、プログラム期間中いつでも事業のことを相談できる、マンツーマンのメンター制度で参加者の事業推進をサポートしています。

この日は早速、集まったメンター陣によるメンタリングを実施し、今の事業アイデアに対してコメントやフィードバックをもらいました。

7.Day2とデモデイに向けて

9/1のDay2では、「ユーザインサイトを掴むためのエスノグラフィ」と題して、顧客のニーズ・インサイト(困りごと)を捉えるための考え方や手法を学びます。参加者にはDay2までに「想定顧客からアイデアに対するコメントをもらう」ことを課題として出しました。

ステップアッププログラムの最終発表の場となる「デモデイ」では、2ヶ月間磨き抜いたアイデアを披露することになります。そこへ向けて一歩一歩、着実に進んでいきましょう!


11/3(土)KSPデモデイの参加者受付を開始しました!詳細はこちらから

(Visited 102 times, 1 visits today)

おすすめ記事