顧客の本音、ちゃんと捉えていますか?:Day2ステップアッププログラム

KSP Article, Events, stepupprogram

1.ステップアッププログラムとは?

「なんとなく思いついたアイデアがあるものの、どのようにビジネスにしていけばいいかわからない」「検討しているビジネスプランが弱い気がする」とお考えの方のための事業創造プログラムです。全5回のプログラムに沿ってアイデアを検討し、段階的に具現化・ブラッシュアップすることで、ビジネスとしての実現性・有効性を高めていきます。新しいビジネスチャレンジを行う方であれば、事業の領域や規模、年齢を問わず挑戦いただけます。(http://startuppark.org/sup2018-first/

2.アイスブレイク:日常見ているものを絵に描いてみる

今回はアイスブレイクとして、日常で頻繁に目にしているものを絵に描いてもらいました。例えば「10円玉の絵柄」。

みなさん必死に思い浮かべますが、描いてみると、何かがちがう。

これは、なんだ……?

私たちは、日頃、物を見ているようで、きちんと意識して見ていることは少ないですよね。自分が考えるサービスや製品の顧客についても同じことです。知っているつもり、見ているつもりになって、ニーズのないモノになってはいないか。今日の本題に入る前に、アイスブレイクをきっかけに、顧客のことを考えてもらいました。

3.顧客の本音(インサイト)を捉えよう

ステップアッププログラムでは、参加者のみなさんにアイデアを持ち込んでいただき、それを事業のレベルにまで磨きをかけていきます。

では、どうすれば新たな事業(価値)を創り出すことできるのでしょうか?

プログラムの中では、「顧客」「ステークホルダー」「自分たち(提供者側)」の3つの理解が基本となるとレクチャーがありました。

その中でも顧客の理解は事業を考える上での根幹となります。インサイトと呼ばれる顧客の本音をつかむための考え方や手法を、実際のワークを交えて学びました。

4.プロトタイプを作ってみよう

早い段階で、アイデアを形あるプロトタイプ(試作品)に落とし込むことで、頭の中で考えているだけでは検証できなかった課題や気づきを発見することができます。

プロトタイプの種類もさまざまありますが、今回は20分という時間の中で、自分たちのアイデアを「コンセプトボード(絵コンテのようなもの)」の形に落とし込みます。

5.Day3とデモデイに向けて

9/8のDay3では、プロトタイプをMVPと呼ばれる商品の形まで落とし込むための考え方やその方法と、初期段階での売り方を学んでいきます。


11/3(土)KSPデモデイの参加申し込みを受付けています。詳細はこちらから

(Visited 40 times, 1 visits today)