ディープなメンタリング論に酔いしれる:メンターズバーDay2

1.メンターズバーとは?

高知県で新たにビジネスに挑戦するチャレンジャーたちを応援できる人材「メンター」のための、勉強会&交流会プログラムです。「バー」のように、出会った仲間と心を開きじっくりと対話することをコンセプトとしています。また高知県の各ビジネス分野の第一線で活躍しているメンター人材の交流会も兼ねています。

自分が持つ豊富な経験やスキルを活かして、チャレンジャーのモチベーションを刺激し、戦略的にビジネスの立ち上げを支援するための型をご提供します。(https://startuppark.org/program/mentorsbar2018/

メンターズバーDay1の開催レポートはこちら

2.グラスで乾杯!

Day1に続き、今回もグラスにドリンクが注がれ、いい雰囲気で会がスタート。乾杯!(注:お酒ではありません)

3.メンターズガイド

Day1に続いて、GOB  Incubation Parnters共同代表の山口高弘さんから、メンターとして起業家と接する際の具体的なポイントについてのレクチャーがありました。

起業家のタイプを5つに分類し、それぞれのタイプに対して有効なメンタリング手法を学びました。実践知に基づいた内容で、参加者の皆さんも食い入るように真剣に耳を傾けます。

Day1のレクチャー内容は一部こちらに掲載しています。
起業家のメンタリングに効く9つのコツ

 

4.ケースセッション

具体的なメンタリング風景を想定して、自分たちがメンターなら、起業家に対してどうメンタリングを行うかを考えます。参加者同士で議論を交わした後は、山口さんとNPO法人SOMA代表理事の瀬戸昌宣さんからコメントがありました。

5.ダイアログ

2回のレクチャーを通じて気になったこと、実際にメンターとして困っていることっていることなどをテーマとして、ゲスト、参加者で意見を交わします。

6.メンターズバーのこれから

参加者の振り返り

2回の受講を通して、「メンターとは」といった根本を問い直すことから始め、ケーススタディやレクチャーを通して具体的な状況に即したメンタリング手法まで、理解を深めることができたのではないでしょうか。参加者のなさんからも「継続的に参加したい!」「メンタリングについて考え直す良い機会となった」などの声が聞かれました。

今後の開催に向けても準備を進めていますので、楽しみにお待ちください。


Day1のレクチャー内容は一部こちらに掲載しています。
起業家のメンタリングに効く9つのコツ

おすすめ記事