学びもルールも子どもが主役──県外から移住者も通う小学校の魅力とは:とさ自由学校

高知県いの町にある「学校法人日吉学園 とさ自由学校」は、2019年4月に開校した私立小学校です。従来の座学中心の学びではなく、自然の中での体験学習を重視したそのコンセプトは、開校前から注目を集めてきました。

ビジネス文脈での起業とは異なりますが、高知における新たなチャレンジの一つとして今回、取り上げます。

お話を伺ったのは、とさ自由学校の立ち上げに関わった難波佳希(なんば・よしき)さんです。難波さんは自身のファシリテーション事務所を運営する傍ら、KOCHI STARTUP PARKのサブコーディネーターとしても活躍しています。

迎える複雑な社会、個性を発揮し、主体的に動ける子どもを

とさ自由学校は廃校となった小学校を活用してオープンした

とさ自由学校は、「個性・多様性の尊重」「自己決定」「体験学習」の3つを教育方針に置いています。

現在、多くの学校では教員が中心となり、子どもたちへ何かを教え込む教育が行われています。これにより、子どもたちの学習範囲が知識の延長から抜け出せていないと感じていました。

これまでであればそれでも良かったのかもしれません。しかし、社会状況が複雑になった今、このような受動的な教育を受けてきた子どもたちがこれからの時代を担っていくことはできるのか、疑問が残ります。

子ども自身が主体的に動き、個性を尊重しながら、さまざまな人たちと協力して自分の物の見方や考え方を構築していく、そんな教育が必要だと私たちは考えています。

また、高知は貧困率や不登校の率に課題を持っている地域でした。だからこそ、このとさ自由学校の取り組みから、地域や社会をより良くしていきたいというのが私たち全員の設立以前からの思いでもあります。

難波佳希さん

現在、多くの学校では教員が中心となり、子どもたちへ何かを教え込む教育が行われています。これにより、子どもたちの学習範囲が知識の延長から抜け出せていないと感じていました。

これまでであればそれでも良かったのかもしれません。しかし、社会状況が複雑になった今、このような受動的な教育を受けてきた子どもたちがこれからの時代を担っていくことはできるのか、疑問が残ります。

子ども自身が主体的に動き、個性を尊重しながら、さまざまな人たちと協力して自分の物の見方や考え方を構築していく、そんな教育が必要だと私たちは考えています。

また、高知は貧困率や不登校の率に課題を持っている地域でした。だからこそ、このとさ自由学校の取り組みから、地域や社会をより良くしていきたいというのが私たち全員の設立以前からの思いでもあります。

異年齢で学ぶグループラーニング

グループラーニングの様子

とさ自由学校の教育活動の中心となるのが「グループラーニング」です。これは、子どもたちが取り組みたい活動を自ら選んで実施していく半年〜1年ほどの中長期的なプロジェクトです。

例えば現在は、山や川など、活動フィールドによっていくつかのグループに分かれています。山フィールドのグループではツリーハウスづくりを行なっていて、借りている近くの山の木を見つけて、床板などを貼っているところです。こうした活動の中で、じゃあ木はどれくらい必要か、どのくらいの長さがあれば足りるのか、など、数や長さの概念を学べます。重要なのは、学びが主体的な体験に基づいているということです。

また、このプロジェクトは学年横断型で行われているので、1年生と5年生など、学年を超えた子どもたち同士の交流が生まれます。こうした中で「協働」する楽しさや難しさを感じてもらえるのではないかと考えています。

ルールは子どもが決める! ある日の議題「学校に犬を連れてきてもいい?」

とさ自由会議の様子

また、とさ自由学校では学校のルールづくりにも子どもたちが関わっています。それは「とさ自由会議」という名前で学校の活動として規定されています。

例えば、先日、ある子が「学校に犬を連れていきたい」と言ってくれました。それを議題に会議を行うんです。

「バス通学なのでどうやって犬を乗せるか」「学校の中でどのように犬を飼うか」などの意見を出し合い、ルールを考えていきます。ちなみに、毎日犬がいると学校側も大変ということで、最終的には、日付に1(ワン)がつく「ワンの日」を定め、その日は犬を連れてきてもいいというルールが決められました。

自分たちで決めたことを自分たちが守り、何か問題があればまた自分たちでルールを変えていく。こうした動きを経て、社会に出たときにも何かおかしいと思ったことに対して、自分から意見を出して動けるようになってほしいと考えています。

開校1ヶ月で感じる子どもたちの変化のきざし

4月に開校してまだ1ヶ月ほどですが、子どもたちの中で学年を超えた繋がりや人間関係ができているのを感じています。1年生の子でも上級生に意見を言うことができるし、注意もできる。まだ完全にフラットとは言い切れませんが、少しずつ子どもたちがお互いの枠を超えた関わりを築けているのではないかと思います。

教育はすぐにうまくいくものでも、目先の成果を求めるものではないので、私たちも、子どもや社会の数年先を見て、教育のあり方を考えていきたいです。

初年度から24名の児童、他県からの移住も

現在、とさ自由学校には24名の児童が通ってくれています。もともと、それほど人が多くはない地域にありがならも、初年度からたくさんの児童が来てくれた背景にはやはり、保護者の方の理解があります。

保護者の方々も、私たちと同じように時代の変化や社会の変化を感じています。その中で、子どもにも生きる力をつけて欲しいという思いをいただています。

また、別の学校に通っていた時に、全員が同じ学習ペースで興味のないことを教えられる体制に勿体無さを感じていたり、逆にそこに馴染めなかったりという子も、来てくれています。中には他県から高知に移住してきてくれた家族もいます。

こうした期待を受けながら、日々子どもたちと、自然の中で人間らしさや生きる力を身につけるために向き合っています。


とさ自由学校の詳細はこちら

とさ自由学校では、毎月1回程度、体験会や学校説明会を開催しています。ご興味ある方はこちらからお問い合わせください

おすすめ記事