アイデア検討会|2019前期

頭の中のアイデアを目に見えるカタチに

「アイデア検討会」は、事業アイデアをカタチ(プロトタイプ)にするプログラムです。主に次の3つのステップをサポートします。


アイデアの整理

まずは、頭の中にあるアイデアを整理して、「よいアイデア」にするための考え方を学びます。


プロトタイピング

頭の中にあるアイデアを、モノやサービスとしてプロトタイプ(試作品)に落とし込みます。


ニーズ検証

制作したプロトタイプをもとに、実際のユーザーへテストを行い、ニーズがあるかを確かめます。

なぜ、カタチにするのが大切?

アイデアが実際のビジネスとして成立するかどうかは、一言で言えば、ユーザーにニーズがあるかどうか、で決まります。

しかし、頭の中にあるアイデアを説明しただけでは、ユーザーはそのサービスや製品を求めているかを判断できません。

目に見えるプロトタイプがあれば、一目でアイデアを理解してもらい、実際に使用した感想など、より確度の高い検証が可能です。

プログラムの流れ

2回の講座と、その間2週間のの検証期間中、さまざまなサポート体制のもと、プロトタイピングとニーズ検証をサポートし、事業のスタート時期の加速をお手伝いします。

  • 【Day1】 6/23(日)

    アイデアのブラッシュアップ
    「よいアイデア」は思いつきではなく、正しい手順で考えることで生み出すことができます。今あるアイデアに磨きをかけるために、アイデアを整理し、多角的に検討します。
    ・よいアイデアとは?
    ・アイデアを考える際のポイント
    ・アイデアを整理する
    簡易試作の製作

    アイデア段階で顧客価値を確かめるための試作とニーズ検証の方法をレクチャーします。それぞれ、事業領域やその目的に応じてさまざまな方法があるので、自分のアイデアに合う方法で、試作、検証を行っていきましょう。
    • 思いつきをアイデアへ落とし込むには?
    • カスタマージャーニーマップで商品価値を探る
    •簡易的な試作(ダーティープロトタイプ)の製作

  • Day1~Day2までの期間中

    試作の改善・ニーズ検証の実施
    Day1からDay2までの2週間を利用して、Day1で製作した簡易プロトタイプをベースに、各々で試作を改善しながらニーズ検証を実施していただきます。

  • 【Day2】 7/7(日)

    実施報告会
    ニーズ検証を実施した成果報告会を行い、学びを共有します。またクラウドファンディングの活用方法等、ニーズ検証を行った後のより本格的な事業検証の動きについてもレクチャーします。


プログラムの流れ

2回の講座と、その間2週間の検証期間中、さまざまなサポート体制のもと、プロトタイピングとニーズ検証をサポートし、事業のスタート時期の加速をお手伝いします。


  • Day1| 6/23(日)

    アイデアの整理・検討
    「よいアイデア」は思いつきではなく、正しい手順で考えることから生まれます。今あるアイデアを整理し、多角的に検討します。
    ・よいアイデアとは?
    ・アイデアを整理する
    簡易試作の制作

    アイデアの試作とニーズ検証の方法をレクチャーします。事業領域やその目的に応じてさまざまな方法があるので、自分のアイデアに合う方法を採用しましょう。
    ・カスタマージャーニーマップで商品価値を探る
    •簡易試作(ダーティープロトタイプ)の制作

  • Day2までの期間

    試作の改善・ニーズ検証の実施
    Day2までの2週間で、Day1にて制作したプロトタイプをベースに、各々で試作を改善しながらニーズ検証を実施していただきます。

  • Day2| 7/7(日)

    実施報告会
    ニーズ検証を実施した成果報告会を行い、学びを共有します。また、ニーズ検証を行った後の、本格的な事業検証の動きについてもレクチャーします。


各段階で試作サポートをご提供

モニターユーザーのご案内

ご希望に応じて、産学官民連携・起業推進課職員やKOCHI STARTUP PARK会員を対象とした、ニーズ検証のためのユーザーテストの実施を可能な範囲でサポートします。

アイデア初期に多くの人がつまづくユーザーへの価値検証、トライアル、テストモニターの獲得をサポートします。

事業展開のご相談

クラウドファンディングでの資金調達など事業推進のその後の動きについてもレクチャーします。

またご要望があれば、KOCHI STARTUP PARKの開催する各種プログラムやマンツーマンでの起業相談を通じて、さらなる加速をサポートします。

過去の参加者のアイデア領域(一部抜粋)

昨年度開催したプログラムでも、事業領域を問わず、さまざまな形でプロトタイピング、ニーズ検証をサポートしています。

飲料開発、食品製造販売、雑貨製作、ブランド開発、教育サービス、イベント業、ウェブサービス、6次産業化支援、ペットケア、障がい者教育......など

ファシリテーター

田中成幸|GOB-IPエグゼクティブパートナー2017年まで株式会社 野村総合研究所にて公共政策の調査研究、民間事業の新規事業開発に携わる。2017年以降は、GOB-IPのインキュベーションチームのメンターとしてメンバーの精神的なサポート役を担うほか、同社のコンサルティングプロジェクトにも参画する。並行して、特定非営利活動法人育て上げネットのパートナーとして、同法人が抱える多数の新規事業の推進役を担っている。

参加お申込み

  • 開催
    Day1:6月23日(日) 13:00~16:00
    Day2:7月7日(日) 13:00~16:00
    *両日ご参加ください
    会場:高知県立大学・高知工科大学 永国寺キャンパス 地域連携棟
    〒780-0844 高知県高知市永国寺町6-28

  • 対象:新たなプロジェクト構想していて、アイデアを具体化したい方
    定員:20名
    参加費:無料
    主催:高知県
      運営:GOB Incubation Partners株式会社

『ビジネス実験部』フライヤーをダウンロードする

ビジネス実験部フライヤー ダウンロード

ご参加に当たっての留意点
【会場の撮影について】
当日会場の様子を撮影し、広報資料としてしようさせていただく他、メディア等の取材が入る可能性もございます。予めご了承ください。
【商売目的等の参加について】
本コミュニティ内外を問わず、以下のような商売目的その他、他の参加者の方に迷惑となる恐れがある行為を行っている方のご参加は、全面禁止いたします。
・ネットワークビジネスを行っている方
・宗教・保険・その他商売・勧誘目的の方
・自己啓発セミナー等への勧誘を行っている方
・その他、他の参加者のみなさんが迷惑と感じる行為全般 など
上記の行為が発覚した場合は、除名など、しかるべき措置をとらせていただきます。
良識あるみなさんのご協力をよろしくお願いいたします。

その他ご不明点等がございましたら、コチラよりお問い合わせください。