2019スタートサロン#2

創業初期のPR「アイデアを正確に伝えるために」

「宣伝しても売上につながらない」「自分のサービスの良さをうまく伝えられない」「ジョインしてくれる仲間に呼びかけたい」

事業を立ち上げる上では、PRで壁にぶつかることもしばしば。

大切なのは、自分のアイデア・サービスを伝えたい相手に正確に届け、理解し、共感してもらうことです。今回は、スタートアップや立ち上げ初期のPRに特化した内容を扱います。

登壇ゲスト

ディアメディア株式会社 代表
味岡 倫歩氏

2012年1月に独立し、スタートアップ企業、広報部門を持たない企業、新規事業などの広報部門の立ち上げ、機能改善、コンサルティングをメインで請け負う。これまでの支援企業は50社を超える。2017年に法人化し、メディア向けの発注書/請求書管理のクラウドサービスの提供も始めている。

【経歴】
スタートアップ企業、インターネット関連企業、人材業界、不動産業界、ハードウェアメーカー、教育関連業界メインに、BtoB・BtoC問わず活動。 株式会社リクルートにて広告営業、株式会社富士山マガジンサービスにてウェブマーケティング、広報業務に携わった後独立。フリーランスのPRとして活動を開始し通常の広報業務の他、広報部門の立ち上げ、未経験広報担当の育成、PRコンサルティングなど企業/サービスの立ち上げ期から拡大期、上場企業まで経験。
ベンチャー企業における広報コンサルティングの他、創業50年の企業の広報改革、出版社のマーケットリサーチなどを請け負う。

当日のプログラム

  • 起業初期のPRの基本的な考え方

    創業初期は、製品やサービスの作り込みにコストを集中し、PRに力を入れにくいものです。

    しかし、コツを押さえた正しいPRは顧客獲得や売り上げに直結します。数々の注目スタートアップの広報業務を支援してきたプロだからこそ言えるノウハウをレクチャーします。

  • メディアに注目されるPRのツボ

    「プレスリリース」は、報道機関向けのお知らせのことです。リリースが面白いと思ってもらえれば、テレビや新聞、ウェブメディアなどに自社を取り上げてもらうことができます。

    現在は、手軽にプレスリリース配信できますが、だからこそ、メディアが求めていることを考えず、ただ言いたいことを詰め込んだリリースは埋もれてしまいます。メディア視点で、注目されるプレスリリースの書き方を伝えます。

  • ワークショップ「簡易版PR戦略を考えよう」

    レクチャーを踏まえ、ワークショップ形式で、PR戦略を立てていきます。

    自分の事業アイデアのどこに独自性があり、それをどんなタイミングでどのように発信すべきか。また、ユーザーや社会から「見られたい理想の姿」から逆算した発信内容の作り方など、実践的な内容です。

お申し込みフォーム

  • 開催:2019年6月16日(日)13:00-16:00

    会場:高知県立大学・高知工科大学 永国寺キャンパス 地域連携棟
    〒780-0844 高知県高知市永国寺町6-28

  • 定員:15名
    参加費:無料
    *お子様連れでのご参加も歓迎します
    主催:高知県
      運営: GOB Incubation Partners株式会社

スタートサロンについて

スタートサロンとは?

スタートサロンは、「起業家の基礎体力をつくる」ことを目的としたイベントです。スキルセット、マインドセット両面から起業家の成長を促します。これまで過去2年間で12回、約220名ほどが参加しています。

ご参加に当たっての留意点
【会場の撮影について】
当日会場の様子を撮影し、広報資料としてしようさせていただく他、メディア等の取材が入る可能性もございます。予めご了承ください。
【商売目的等の参加について】
本コミュニティ内外を問わず、以下のような商売目的その他、他の参加者の方に迷惑となる恐れがある行為を行っている方のご参加は、全面禁止いたします。
・ネットワークビジネスを行っている方
・宗教・保険・その他商売・勧誘目的の方
・自己啓発セミナー等への勧誘を行っている方
・その他、他の参加者のみなさんが迷惑と感じる行為全般 など
上記の行為が発覚した場合は、除名など、しかるべき措置をとらせていただきます。
良識あるみなさんのご協力をよろしくお願いいたします。

その他ご不明点等がございましたら、コチラよりお問い合わせください。