スタートサロン#5

小さく始めて大きく伸ばす新規事業のつくり方

起業、新規事業創造の手法としてシリコンバレー発の「リーンスタートアップ」という考え方が知られています。

そこで大切なのは、まずは小さく事業を動かし、価値検証をもとに事業を推進すること。小さなスタートが、その後の事業売却や、広く販路の開拓など、大きな成長にもつながります。

今回は、数々の事業開発や、コンサルティング、さらには事業売却の経験も持つ山中哲男さんをゲストに迎え、新規事業のつくり方、育て方を学びます。

山中哲男 (やまなか・てつお)
株式会社トイトマ 代表取締役会長

1982年兵庫生まれ。高校卒業後大手電機メーカーに就職する。約1年間働くが、何も考えずに飛び込んだ会社ではやりがいをもつことができず、自ら多くの実務を経験できることから飲食店を開業することを決意し起業。

2007年、米国ハワイ州にてコンサルティング会社を設立しCEOに就任。日本企業の海外進出支援、M&A仲介、事業開発支援を行い、中小企業から東証一部上場まで幅広く支援する。海外進出支援ではプラットフォーム戦略をとり、会社設立、ビザ取得、不動産選定や契約、内装工事、モニタリング、仕入れ業者選定、人材募集、人材教育、プロモーション媒体選定やメディア紹介、レセプションパーティーまでサポートするワンストップサービスを構築。約5年後、全ての株式を売却。
2008年、株式会社インプレス(現:トイトマ)を設立し、代表取締役社長に就任。

ビジョンや想いに共感し、経済合理性だけを追及するのではなく社会的な価値を見いだす事業に絞り込み、民間企業、行政問わず既存事業の事業戦略策定や実行アドバイス、新規事業開発支援やプロジェクト開発支援を中心に活動中。国土交通省が行う公的不動産活性化プロジェクトを率いるなど行政プロジェクトも手がける。2018年3月、株式会社トイトマ代表取締役会長に就任。

◇公益資本主義アントレプレナー・イニシアチブ主催
◇2015ワールド・アライアンス・フォーラム事務局長
◇国際U3A(AIUTA)及びアジア・太平洋地区合同会議2016実行委員
◇2017地球カンファレンス主催

山中哲男さん著作をご紹介

立上力-想いをカタチにする5ステップ-

本書は、だれでも想いをカタチにできるように、行動の手順や気をつけるべきポイントを解説しています。
一番シンプルなビジネスの立ち上げ方だと自負しています。
実際、本書で紹介している考え方や手順をお伝えしたところ、想いをカタチにした方もたくさんいます。
本書を読み進めていただき、たくさんの商品やサービスが生まれることを願っています。Amazonより引用)


「あったらいいな」を実現するビジネスのつくり方 -ひとりではつくれない価値をみんなでつくる-

ビジネスを成功させるポイントは、いかに小さなトライを重ね続ける環境をつくるかだと思います。そのためには、次の3つをつくることが絶対条件です。

(1)届けたいサービスや自分自身、今起こっている現状を客観視できる気持ちの余裕
(2)モチベーション維持に必要な仲間と環境
(3)今できることを見つけるために必要な目標と想い

これらがあれば、細かいことはやりながら気づくことができますし、何かあってもかんたんに修正できます。(Amazonより引用)

プログラムの流れ


  • 山中さんのストーリーから事業立ち上げのエッセンスを読み解く

    国内外での起業経験や事業売却の経験を持ち、企業はもちろん、国やNPOなどあらゆる組織へのコンサルティング経験も豊富な山中さん。これまでのストーリーと、「事業を通じて何を解決したいのか、誰を喜ばせたいのか」を考えるという山中さんの哲学から、新規事業立ち上げに必要な考え方やそのエッセンスを読み解きます。

  • 「小さく始めて大きく伸ばす」新規事業のつくり方

    事業開発の初期段階では、お金や人といったリソースがない中で、小さなアクションとそこから得られるフィードバックを通じて、事業を磨いていくことが求められます。価値検証の方法やターゲットの選定など事業開発で大切な視点を共有いただきます。

  • 事業プレゼン&フィードバック

    今回のサロンでは実際に皆さんの事業をプレゼンいただき、その場で山中さんからコメントやフィードバックを頂く機会を設けます。同時に、そのフィードバックを機にこの場全体で、事業開発に必要な視点を考えます。*先着5名限定で事前にプレゼンターを募集します。ご希望の方は、下記詳細をご確認の上、お申し込みフォームより所定の欄にチェックをお願いします。

プログラムの流れ

#1

国内外での起業経験や事業売却の経験を持ち、企業はもちろん、国やNPOなどあらゆる組織へのコンサルティング経験も豊富な山中さん。これまでのストーリーと、「事業を通じて何を解決したいのか、誰を喜ばせたいのか」を考えるという山中さんの哲学から、新規事業立ち上げに必要な考え方やそのエッセンスを読み解きます。

#2

事業開発の初期段階では、お金や人といったリソースがない中で、小さなアクションとそこから得られるフィードバックを通じて、事業を磨いていくことが求められます。価値検証の方法やターゲットの選定など事業開発で大切な視点を共有いただきます。

#3

今回のサロンでは実際に皆さんの事業をプレゼンいただき、その場で山中さんからコメントやフィードバックを頂く機会を設けます。同時に、そのフィードバックを機にこの場全体で、事業開発に必要な視点を考えます。*先着5名限定で事前にプレゼンターを募集します。ご希望の方は、下記詳細をご確認の上、お申し込みフォームより所定の欄にチェックをお願いします。

プレゼンター募集

上にある通り、今回のイベントでは事業プレゼンと山中さんからフィードバックやコメントをもいただく時間を設けています。

プレゼンターのお申し込みは時間の都合上、先着5名までとさせていただきます。ご希望の方は下記条件をご確認の上、お申し込みフォームにて所定の欄へチェックをお願いします。

【プレゼンにあたって】

*お申し込み後、こちらからの返信を待って確定となります。

・当日は5分以内で事業のプレゼンテーションをお願いします。

・パワーポイント等の投影資料をご使用の場合、当日30分ほど早く会場にお越しいただく可能性がございます。

・事業アイデアの領域や進捗は一切問いません。

・先着順となりますので、あらかじめご了承ください。

過去のスタートサロン参加者の声

一方的に話を伺うだけでなく自身の考えをまとめる時間や考えをシェアする設けてくださるので、 1つ1つのテーマについて整理をしながら聞くことができました。

とにかく、刺激的な時間でした! 様々な年代層の方と新たに出会えたこと、様々な事で起業したい、またはしている方に出会えて、学べる機会を頂けた事に感謝しています!
今後の自身の活動に活かして行きたいと思います。

お申し込みフォーム

  • 開催:2019年1月20日(日)13:00〜16:30

    会場:高知県立文学館
    〒780-0850 高知県高知市丸ノ内1-1-20

    *いつものスタートサロンとは会場が異なりますので、ご注意ください。またお車でお越しの方は、付近のコインパーキングをご利用ください。

  • 対象:起業や新規事業立ち上げに関心のある方ならどなたでもご参加いただけます
    定員:先着20名
    参加費:無料
    主催:高知県
      運営: GOB Incubation Partners株式会社


スタートサロンについて

「スタートサロン」とは?

本イベントはKOCHI STARTUP PARKが隔月で提供するプログラム「スタートサロン」として開催しています。
タートサロンは、起業のヒントを掴み、アイデアの磨き上げやネットワークを行うためのスタートとなるプログラムです。

*連続講座ではありませんので、どの回に参加いただいても問題ございません。

開催
  • KOCHI STARTUP PARKは、高知県が行う新しい事業・起業に取り組む方を支援・サポートするインキュベーションプロジェクトです。将来的な起業・事業創造に向けて、まだアイデアが具体的に固まっていない方から、既に起業準備を進めている方まで、様々なプログラム及びメンタリング・相談会によって事業立ち上げ・成長をサポートします。

開催場所

ご参加に当たっての留意点
【会場の撮影について】
当日会場の様子を撮影し、広報資料としてしようさせていただく他、メディア等の取材が入る可能性もございます。予めご了承ください。
【商売目的等の参加について】
本コミュニティ内外を問わず、以下のような商売目的その他、他の参加者の方に迷惑となる恐れがある行為を行っている方のご参加は、全面禁止いたします。
・ネットワークビジネスを行っている方
・宗教・保険・その他商売・勧誘目的の方
・自己啓発セミナー等への勧誘を行っている方
・その他、他の参加者のみなさんが迷惑と感じる行為全般 など
上記の行為が発覚した場合は、除名など、しかるべき措置をとらせていただきます。
良識あるみなさんのご協力をよろしくお願いいたします。

その他ご不明点等がございましたら、コチラよりお問い合わせください。